前回のコラムで

「専門家起業」の代表的な6つの形態と
その簡単な特徴をお届けしました。

今日から何回かに分けて
そのうちの一つ

「資格起業」のうちでもとくに

「先生業」

にフォーカスして

 

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか

・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

 

の考え方・方法をお伝えします。

 

「先生業」にフォーカスすると言っても
基本的には他の専門家起業者にも共通する話です。

じっくり読んでいただいて
ご自身のビジネスに落とし込んでみてくださいね。

 

コンセプト

起業する、となるとけっこう多くの人が

「屋号をどうしようか」
「法人を設立した方がいいだろうか」
「名刺やパンフレットを作ったほうがいいだろうか」

という、どちらかというと「形」の部分に気を取られがちです。

・・・後でいいです。

 

まず必要なのは

「お客様を作る・増やすこと」

これに尽きます。

 

1に顧客づくり
2に顧客づくり
3に顧客づくり

です。

 

その他のことは
後でなんとでもなります。

名刺なくても、いまはFacebookで確認してもらえます。
ホームページも、アメブロでいいです。

もちろん、あるに越したことはないし
資金に余裕があるなら、持っている方がないよりははるかにいい。

でも、それらはすべて

「お客様をつくる・増やすこと」

ための手段なので、そこに気を取られすぎないことです。

 

では、顧客づくりのために何が必要か。

営業力
マーケティング
セミナー開催

などなどいろいろありますが
大前提として必要なのが

「コンセプト」

です。

 

あなたの事業コンセプトが何か

誰に対してサービスを提供するのか
何を提供するのか

そしてその結果、顧客はどんな利益を得られ、どう変化するのか

まずここをしっかり定めること。

 

これが定まっていないまま、とにかく顧客を取らなきゃと思って動くと後が辛い。

下請け扱いされたり
安く買い叩かれたり
急に契約を来られたり

なんてことが起こります。

 

それを防ぐために
まずコンセプトをしっかり定める

そして次に、顧客獲得のために動く

起業前後は
まずこれが必要です。

 

その際(顧客獲得の際)に、より効果的にやっていくために明確にしておいたほうがいいことがあります。

そしてそれは、事業を継続していく上でも必要です。

 

それはまた
次回のコラムでお話しますので
楽しみになさってください^^

 

では今日はここまで。

 

メルマガも発刊しています。

ぜひご登録ください^^

 

↓ ↓ ご相談・ご質問はこちら ↓ ↓

経営個別相談室