「先生業・専門家・起業家」の方々が

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか
・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

の考え方・方法、第5回目です。

 

今回は

「完璧な顧客」

について。

 

いわゆるターゲティングなんですが

よく言われているようなターゲティングは
外れてしまうことがけっこう多いです。

ここがずれると
労力ばかりかかって
結果はあまり出ない、というようなことにもなりがちです。

ここはきっちり定めたいところです。

では、いきます。

 

完璧な顧客

ターゲットとなる顧客像を想定する際

ペルソナ
理想の顧客

を定めるというのは、よく知られています。

 

これが悪いわけではないんですが

僕のお勧めは

「完璧な顧客」

の像を定めることです。

 

・・・理想の顧客とどう違うねん、という話ですが
けっこう違います。

 

「完璧な顧客」は

自分の実際の顧客、あるいは顧客にしたい方を思い浮かべ
その顧客をとことん分析する

それがスタートになります。

 

理想の顧客は、本当に理想の像を定めるので

「それは流石にいないだろう」

というターゲット像になることがあります。

 

そうではなく
血の通った、リアルな人間像を設定してもらう。

これが「完璧な顧客」です。

 

不思議なもので、これを設定すると
途端に成約できたりする人もいるから不思議です。

・・・全員とは保証しませんが^^;

ぜひ設定してみてくださいね^^

 

 

「先生業・専門家・起業家」の方々が

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか
・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

の考え方・方法、まだまだお伝えしていきます。

 

次回もお楽しみに^^

 

では今日はここまで。

メルマガも発刊しています。
ぜひご登録ください^^

 

↓ ↓ ご相談・ご質問はこちら ↓ ↓

経営個別相談室