前回から「先生業・専門家・起業家」の方々が

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか
・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

の考え方・方法をお伝えしています。

 

繰り返しになりますが、「先生業」にフォーカスすると言っても
基本的には他の専門家起業者にも共通する話です。

じっくり読んでいただいて
ご自身のビジネスに落とし込んでみてくださいね。

 

理念

さて前回、先生業として独立するのにまずすることは

「お客様をつくる・増やすこと」

これに尽きるとお話しました。

 

そのための大前提として必要なのが

「コンセプト」

と申し上げましたが

 

理念

ミッション・ビジョン

なんかもぜひ明確にしておいてほしいとは思います。

 

 

思いますが

これは、ある程度お客様も増えて

「さて、これから何を成し遂げていこうか」

を本気で考えられるようになってからでいいんじゃないかな〜、と思っています。

 

独立当初のまだまだお客様が少ない時期にこれらの「理念」なんかを長期的な視点で、腰を据えて考えられる人・・・

あんまりいないです。
そういう人。

あ、僕の知ってる限りにおいては、ということですが。

 

最初から長期的な展望を描いて

「こういう世界を創る(ぼくはこれを“世界観”といってますが)」

というイメージを持って起業できる人は、実はそう多くない。

 

ところがどの成功本を見ても
みんな明確な理念があったから成功したかのように書いてある。

だから経営理念を定めなきゃ・・・

 

こう思って
なんとなく経営理念を定めてみる。

で、しっくり来なくて
しばらくたったら、また考える。

 

こんなことするくらいなら
理念はあとでいい、と割り切って

まずコンセプトを定め
そして次回でお伝えするようなことを決めて
とっととお客様を増やすために動いたほうがいいです。

 

所詮、実際に動いてお客様ができてもいないうちからの理念なんていうのは

絵に描いた餅や
綺麗事

にしかすぎないのがほとんどの場合です。

 

実際にお客様が増えて
自分・自社の役割が見えてきて

その役割に気づいて

「自社の理念はこれだな〜」

と定めるほうが

よほど自然体で、そして共感されます。

 

一にも二にも
まず顧客づくり

そして、顧客の成果に貢献すること

ここにフォーカスしていただければと思います。

 

「先生業・専門家・起業家」の方々が

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか
・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

の考え方・方法、まだまだお伝えしていきます。

 

お楽しみに^^

 

では今日はここまで。

メルマガも発刊しています。
ぜひご登録ください^^

↓ ↓ ご相談・ご質問はこちら ↓ ↓
経営個別 相談室