勢いだけで突っ走る「起業」の段階から
ある程度の仕組み・法則に則って再現性を持たせて「経営」をする段階に移行する

そのための考え方をお伝えする

『「起業」を「経営」に』シリーズ

 

今日は

「マネジメント」

についてお伝えします。

 

マネジメント

起業初期の段階では

とにかくまず

「顧客獲得」

が最重要命題です。

 

なにしろ、お客様を増やさないと
キャッシュが入ってこない。

キャッシュが入ってこなければ
事業が止まってしまいます。

 

なので、起業初期
いわゆる0→1の段階では

マーケティング・セールスなどの顧客獲得に
90%以上、もしかしたら100%のエネルギーを注ぐことになります。

しかし、ある程度顧客が増えてくると
次の段階に進む時が来ます。

 

人を雇用して組織化したり
雇用しなくてもチームを作ったり
あるいは、既存顧客の維持管理をする

そういった「マネジメント」にエネルギーを割く必要が出てきます。

 

一昔前であれば
雇用→規模の拡大がほぼ唯一の選択肢だったと思いますが

テクノロジーの進化などに伴い
チームさえ組めば大きな影響力を及ぼせるようになりました。

なので、必ずしも組織を作らないと稼げなかったり
社会に影響を及ぼすことができなかったり

そういうわけではない時代になりました。

 

ただそうは言っても
やっぱり一人でやってると
できることに限界があります。

組織を作るか
チームを作るか
あるいはコミュニティを作る上でも

やっぱり

「マネジメント」

は必要です。

 

マーケティングは得意なのに
マネジメントは苦手

そういう方がけっこういますが

マーケティングがお客様に動いていただく行為なら
マネジメントは組織・チームに動いてもらう行為

「人に動いてもらう」という点では
やることは同じ。

ちょっと対象が異なるだけです。

是非前向きに取り組んでみましょう^^

 

 

『「起業」を「経営」に』シリーズ

今日は
「マネジメント」
でした。

次回は
「ファイナンス = 財務」
について。

お楽しみに^^

 

では今日はここまで。

メルマガも発刊しています。
ぜひご登録ください^^

↓ ↓ ご相談・ご質問はこちら ↓ ↓

経営個別相談室