勢いだけで突っ走る「起業」の段階から

ある程度の仕組み・法則に則って再現性を持たせて「経営」をする段階に移行する

そのための考え方をお伝えする

『「起業」を「経営」に』シリーズ

 

今回は

「投資」

についてお伝えします。

 

 

投資にも

いろいろあります。

 

何を選択するか。

 

それによって

会社・組織の

そしてあなたの未来が決まります。

 

 

投資

事業をする以上

投資は必須です。

 

何らかのかたちで投資をし続けるところと

そうでないところ

 

10年後

20年後

 

にどちらが生き残り

成長するか

 

結果は明らかですよね。

 

 

 

ただ、「どこに投資するか」によって

事業の方向性は変わります。

 

 

 

専門家としての起業をした場合

もっとも効果的でリターンが高いのは

 

自己投資

 

です。

 

 

自分の考え方・スキルをバージョンアップするために

投資をする。

 

一生使えて

なくなることがないので

投資効果が高いと言えます。

 

ユダヤ人がこれだけ影響力を持っているのも

とにかく教育に投資しているから。

 

投資すればするだけ

必ずリターンがある

 

もっとも効率的・効果的な投資と言えます。

 

なので、生涯続ける必要がある投資と言えます。

 

 

 

が、それだけに注力していると

事業の成長には限界があります。

 

 

一人でビジネスを続けていくのであれば

これで問題はありません。

※一人でというのは、自分がプレイヤーとして最前線で活躍するために
事務的な仕事をサポートしてもらうために人を雇う場合も含みます。

 

組織の力でやっていくのではなく

自分が力を最大限に発揮するためにチームを作るというのも

「一人で」に該当すると僕は思っています。

 

 

ただ

組織化し

集団の力でやっていくことを考えた場合

 

「人」に投資をする必要が出てきます。

 

 

採用し、教育をすることはもちろん

人の力を最大限に発揮するためにシステムを入れることも

オフィスその他の設備を整えることも

 

すべて

 

人に投資する

 

ことに該当します。

 

 

これがするかどうかで

 

個人として事業を続けていくか

より大きな影響力を発揮するために、組織としてやっていくか

 

の方向性が決まります。

 

 

どちらが正解というわけではなく

どちらを選択するか

 

ただそれだけ。

 

 

あなたの選択は

どちらでしょうか。

 

 

では今日はここまで。

 

シリーズでお伝えしてきた

『専門家起業』

シリーズも、次回がラストです。

 

お楽しみに^^

 

メルマガも発刊しています。

ぜひご登録ください^^

 

 

↓ ↓ ご相談・ご質問はこちら ↓ ↓

 
経営個別 相談室