「先生業・専門家・起業家」の方々が

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか
・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

の考え方・方法、第7回目です。

 

今回は

「設計図」

の考えについてお話します。

 

設計図

設計図とは、なんのことか。

平たく言うと
ビジネスのグランドデザインのことです。

・・・よけいわかりにくいか^^;

 

ビジネスモデル
セールスファネル

いろいろ言い方はありますし
どの部分を切り取って言うのかの違いはありますが

すべてビジネスにおける「設計図」だと思っています。

 

家を建てる祭には
設計図をまず描きますね。

製品を作る際にも
その設計図を描きます。

 

ビジネスも同じことで

さまざまな施策がどの位置に配されていて、何とつながり、どこに向かう手段なのか

そのデザインをしておく必要があります。

 

それがないと

どこがうまくいっているのか
何がつまづいているのか

何を強化すればいいのか
何が足りないのか
不要なことは何か

それらが把握できず
行き当たりばったりでビジネスを続けることになります。

 

100の労力をかけても
20しか意味がない。

そんなことになりかねません。

 

それを防ぐためには
「設計図」を描くこと。

100の労力が
100の意味を持つ

不要な施策はすぐにやめ
うまく行っていないボトルネックを見つけ
うまくいっている流れは強化する

そのためのデザイン図です。

 

がむしゃらに頑張るのももちろん必要ですが
せっかく頑張るなら、生産性はあげたいもの。

そのためにはまず
ご自身のビジネスのグランドデザインを描いてみてくださいね^^

 

先生業・起業家・専門家などの方が

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか
・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

の考え方・方法、まだまだお伝えしていきます。

次回もお楽しみに^^

 

では今日はここまで。

 

メルマガも発刊しています。
ぜひご登録ください^^

↓ ↓ ご相談・ご質問はこちら ↓ ↓

経営個別相談室