ここ最近、起業についてお話をしています。

『「起業」という選択肢』
http://consulbusiness.co.jp/2018/01/05/kigyosentakushi/

『ある起業家の失敗』
http://consulbusiness.co.jp/2018/01/06/arukigyokanosippai/

『起業家が陥りやすい失敗事例 厳選? 3パターン』
http://consulbusiness.co.jp/2018/01/09/sippaipattern3/

 

試しに「起業」で検索してみると

「はじめての起業」
「会社設立の方法」
「起業の成功パターン」
「起業失敗の話」

などの結果が出てきます。

あと

「起業 副業」
「1円起業」
「起業 趣味」
「起業 フランチャイズ」

などなど、たくさんの結果が出てきました。
(ちなみに、1月11日現在で、検索結果数は5千万件です。すご^^;)

それだけ考えている方が多いということでしょうが
この「起業」にもいろいろな種類があります。

そのなかでも、今日は一つの分け方についてお話したいと思います。

 

アントレプレナー

「アントレプレナー」というのは、辞書で調べると

事業を起こす人。起業家。企業家。

と出てきます。

 

いわゆる「起業家」とほぼ同義で

=====
独創的なアイデアを元にベンチャー企業を興す
既存事業の変革・モデルチェンジをして新しいビジネスモデルを創り上げる

そしてその事業規模を大きくし、場合によっては上場などに持っていく
=====

という、よくメディアで紹介される「起業家」のイメージに近いです。

『金持ち父さん貧乏父さん』シリーズでおなじみのロバートキヨサキ氏がその著書の中で
「クワドラント」
の話をされていますが

いわゆる「B」つまりビジネスオーナーを目指すタイプの起業家が、このアントレプレナー型の起業家と言えます。

組織・チームを作り
オーナー・経営者として経営に専念していく
そして規模を大きくしたり、多店舗展開・多事業展開などをしていく

こんな感じの方々と言えます。

 

プロフェッショナル

これに対して
専門的なスキルを元に1人で起業するタイプの人もいます。

起業というより、「独立」といったほうがより正確ですね。

こういう方は「プロフェッショナル」と定義できます。
専門家ですね。

 

例えば

弁護士などの士業
コンサルタントやコーチ
整体・美容師などの個人店舗
デザイナーやライター

など、文字通り専門的なスキルを持って、独立して仕事をしていく方のことと言えます。

前述のクワドラントで言うと、「S」つまりSelf Enployment(自営業)と言えるでしょう。

 

良し悪しではなく
どちらにもメリット・デメリットがあります。

ただ、独立起業する上で、その違いを掴んでいないと

痛い目にあったり
遠回りしたり

することになります。

なので、それぞれの特徴・違いはおさえておくほうがいいかなと思います。

次回のコラムで、それぞれのメリット・デメリットをお伝えしますので、楽しみになさってくださいね^^

 

では、今日はココまで^^
次回をお楽しみに。

 

メルマガも発刊しています。
ぜひご登録ください^^