「先生業・専門家・起業家」の方々が

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか
・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

の考え方・方法、第6回目です。

 

今回は

「代名詞」

について。

 

先生業にとっての「商品・サービス」は、ほとんどの場合、形がない無形サービスです。

なので、言語化してわかりやすくする必要があるのですが・・・

 

その際に必要なのがこの

「代名詞」

です。

 

解説しますね。

 

代名詞

代名詞とは

「商品・サービスのもととなる、その人独自の核となるもの」

のことです。

 

もっと平たく言えば

「◯◯と言えばあなた」

と言われるための、「◯◯」に当たる部分とも言えます。

 

商品作り、と言うと多くの場合

・学んだり経験したことを体系化したコンテンツ
・コンサルティングの内容などの特徴

から作り始めてしまいます。

 

しかし、そこからいきなり始めてしまうと

すぐに陳腐化したり
いまいちお客様に響かなくて売れなかったり
あんまり成果が出せなかったり

します。

 

それを防ぎ

「あなたに頼みたい」
「あなたから買いたい」

と言われるようなサービスを作るには

核となる「代名詞」を作る必要があります。

 

ですので、商品・サービスを作る際には

「◯◯と言えばあなた」

と言われるような核になるのは何か考えてみること。

まずはそこからはじめて見てください。

 

やり方自体はシンプルで

自分を棚卸しすること。

これに尽きます。

 

ただ、一人でやるとけっこう面倒な作業かもしれません。

なので、複数でやるとやりやすいかな〜、と思います。

 

僕もたまにワークショップもやってるので
ご都合合えば参加してみてください。

 

「先生業・専門家・起業家」の方々が

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか
・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

の考え方・方法、まだまだお伝えしていきます。

次回もお楽しみに^^

 

では今日はここまで。

メルマガも発刊しています。
ぜひご登録ください^^

 

↓ ↓ ご相談・ご質問はこちら ↓ ↓

経営個別相談室