大中尚一です。

久しぶりのコラムです。

以前は、「このコンセプトに沿って、それに沿うものだけを書く」ことを自分に課してましたが、そう考えてると苦しくなってきました。

で、あんまり書きたくなくなっちゃって、書くのを控えてました。

自分が楽しくなかったら、読んでもらう人も楽しめないかな〜と思って。

 

もう、その制限は取っ払うことにしました。

僕、そして弊社のミッションである

「志を持つすべての人が自分の天命に気づき、役割を果たす世界を“楽しみながら”創る」

に沿っていればなんでもいいやと思って、コラム再開します。

 

なんとなく楽しみながらお読みください^^

 

大丈夫。なんとかなる

 
さてさて、タイトルの

「大丈夫。なんとかなる」

ですが・・・

 

この言葉、どう思います?

無責任な感じですかね(笑)

 

実際、目標達成を大事に考えている人であれば

「なんとかなるなんて、無責任な」

と思うみたいです。

しかも、軽い怒りを込めて。

 

これ、なぜなんでしょうね?

 

いろいろ原因はあると思いますが

一つには、目標達成の考え方が

 

「なんとかする」

 

考え方だから、だと思います。

 

なんとかする

 
目標達成=なんとかする

この方程式は、なんとなく理解いただけるかな〜、と思います。

 

目標を定めて

期限を決めて

逆算して行動を算出し

PDCAを回す。

 

それはとてもとても大事な考え方(特にビジネスにおいては)ですが

残念ながら、これが苦手な人もいる。

 

・・・というか、とくに大多数の日本人はそうなんじゃないかと^^;

 

詳しい話はまたの機会に譲りますが

そもそも「目標達成」の考え方は、一神教的な考え方に基づいています。

多神教で、トイレにまで神様がいると潜在的に信じている日本人

仏教の影響で、時間は巡る・魂は輪廻すると心の何処かで思っている日本人

には、本来的には合わない思考です。

 

もう、いいんじゃね?

 
合わないことをできるようにするのは素晴らしいことですし

できるようになったらそれはそれで素敵なことです。

 

実際、僕も集客とかではやってますしね。

 

ただ、もうこの考え方ばっかり追いかけるのはいいんじゃね?

とも思うわけです。

 

しんどいし。

 

なので僕が提唱したいのが

「大丈夫、なんとかなる」

ビジネスモデルです。

 

・・・意味わかりませんかね(笑)

 

目標達成の考え方は大事にしつつ、取り入れつつも

そうではない考え方・やり方、そして在り方で

夢やミッションを実現していく

そんな考え方です。

 

おいおいお話していきますので、楽しみにしててください^^

 

 

メルマガも発刊しています。

ぜひご登録くださいね^^

 

メルマガのご登録はこちら