「成果を出しつつある起業家・先生業・専門家の方のつまづき、失敗の理由」

について、第5弾。

同シリーズ?
ラストです。

 

起業して、頑張って、成果が出て、うまくいきだしたとき
そのときの姿勢で、その後が変わります。

ここで適切な行動をして次のステージに行く人
下手な手を打って、あるいは打つのを忘れて、沈んでしまった人

たくさんの事例を見てきましたし
自分も経験してきました。

その観察の結果導いた考えをお伝えします。

 

今回は

「求心力」 です。

 

求心力

ビジネスが上手く回り始めると
いろいろいいことが起こります。

キャッシュは回るようになるし
人は集まるようになるし。

以前だったらお願いしてセミナーに来てもらってたような人が
向こうから来てくれるようになったりします。

 

一言で言うと

「いい感じ」

で日々を過ごせるようになります。

 

このまま続けば・・・
いいですよね〜。

実際、その勢いのまま
成長・拡大し

事業を大きく育てる方もいらっしゃいます。

 

ぜひそうあってほしい。

・・・と思いつつ
やっぱりそうとばかりも言えないのが不思議なところです。

 

たとえば、講座を開いたりして会員制のコミュニティを作っている方の場合。

 

順調に会員が増え
影響力がどんどん高まり

それによってさらに会員が増え・・・

という良い循環を生み

会員数がどんどん増えていく。

いい感じです。

 

ただ、どこかのタイミングで
人が離れる事象が起こり始めます。

 

それは

初期の頃の会員さんであったり
コアなファンだった方

だったりするんですが

 

その理由は大きく二つです。

 

 

一つ目は

主催者・会のレベルが上がりすぎて
ついていけなくなったパターン

 

そしてもう一つは

コミュニティの拡大に走りすぎて
求心力が薄れてくるパターン

です。

 

一つ目の理由だったら
まあ問題はないです。

いなくなった方の穴を埋めるかのように
いまのコミュニティのレベルにふさわしい方が入ってきます。

そして、そのまま成長を続けます。

 

ただ2つめの場合

残るのは、メリット・利益があるからコミュニティに入っている人ばかり
という結果になっていきます。

最初に主催者・コミュニティが掲げていた理念が形骸化し
規模を拡大することが至上命題になり

その結果、コミュニティへの求心力が薄れた結果
コアメンバーが離れていきます。

 

そして行き着く先は

内部分裂
止まること無い流出
そして崩壊

です。

 

これは、コミュニティに限ったことじゃないですね。

規模の大小の違いはあれ
どんな組織・企業でも起こり得ることです。

 

これを防ぐには

なぜそのコミュニティを始めたか
なぜ存在しているのか、その目的は何か

そこをもう一度見つめ直し
固め直す必要があります。

 

ただ、これが非常に手間がかかる。

そして、自分(この場合、主催者ですね)の至らなさや誤りに、いやでも直面せざるを得なくなる。

なので、誰にでもできることではないですね。

 

多くの場合

「これでいい」と自分を説得して突っ走る

そして同じことを繰り返す。

このようなパターンが多いです。

 

そうならないようにするには

自分の今を正確に映し出してくれるような鏡が必要だな〜、と思います。

周りをイエスマンばかりで固めるのではなく、ね。

 

・・・難しいですが^^;

 

ただ、それをやれるか否かで
持続的かつ永続的に成長発展できるかが変わってきます。

であれば・・・
準備しておくほうがいいですよね〜。

 

 

ということでここまで、

「成果を出しつつある起業家・先生業・専門家の方のつまづき、失敗の理由」

について、5つのパターンをご紹介しました。

 

書いてて思ったんですが

成功を味わうのって
実はさほど難しくないんですよね〜。

・・・一回は。

 

それを継続し
成功し続けるのは
きわめて難しい。

10年以上続く企業は、全体の5%ぐらいと言われたりしますが
成功し続けることの難しさは、統計上でも裏付けられてるといえます。

 

ご紹介した5つのパターン以外にも
いろんな失敗原因はあります。

ただ、この5つは
けっこう典型的なパターンだと思っています。

なので、これを読んでいるあなたには
同じことはしないでほしいなあ。

そう思ってます。

 

さて次回から

「家業」から「起業」へ

シリーズ!?をお届けします。

お楽しみに^^

 

では今日はここまで。

メルマガも発刊しています。
ぜひご登録ください^^

↓ ↓ ご相談・ご質問はこちら ↓ ↓

経営個別相談室