士業は先生ではない!?

おはようございます。

松本です。

 

今回のテーマは「士業は先生ではない!?」です。

 

不動産鑑定士・中小企業診断士として感じる
「士業」という職業についてお伝えしていきたいと思います。

 

そもそも士業とは?

士業というものをご存知でしょうか?

弁護士や公認会計士、税理士など「○○士」という資格を保有し
その資格を使った業のことを言います。

私の場合、不動産鑑定士や中小企業診断士という資格を使った業を行えば
それが士業ということになります。

 

 

士業は先生と言われることが多い

士業というのは、お客さんから「先生」と言われることが多い職業です。

あなたも、なにか事故や事件で弁護士に相談することがあれば
「○○先生」と言うのではないでしょうか?

 

士業の人たちが先生と言われることが多いのは

専門分野に特化し
一般の人が知らないことを知っており
お客さんが教えを請う形が多いからと言えます。

 

 

士業は先生なのか?

しかし士業というのは、本当に先生なのでしょうか?

 

私は

「あくまでお客さんのサポーターである」

と考えています。

 

 

2つ理由があります。

 

1つ目は

士業という職業は、お客さんに対して教えるという仕事ではなく
お客さんの目標の実現や困りごとを解決するための支援をする

あくまでそういう位置づけだと思うからです。

 

お客さんには実際に事業をしている人で
マーケットの最前線で活躍している人も多いです。

そのようなお客さんに専門的な知識によるバックアップをするから
士業に価値があるのです。

 

 

2つ目は

先生という意識を過剰に持たないことで
謙虚さを保つことができ
より一層成長することができるからです。

先生と呼ばれることに慣れてしまうと
自分は相手よりも立場が上のように錯覚する人がたまにいます。

 

士業は専門的な知見を提供する役割を担っているだけで
立場の優劣はありません。

一次情報を知っているのは
お客さんであることを忘れてはいけません。

不動産鑑定士の場合
不動産のマーケットの生の情報を知っているのはお客さんなので
お客さんから教えてもらうことも非常に多いのです。

 

 

結論

士業は先生ではない。あくまでサポーター。

 

経営個別 相談室

関連記事

  1. 士業の役割

  2. 士業はAIに代替されるのか!?

  3. 創業計画のポイントとは

  4. 士業の棲み分け

  5. 士業も結局ビジネスマン!?

  6. 事業承継

最近の記事 おすすめ記事