士業はAIに代替されるのか!?

こんにちは。士業コラム担当の松本です。

今回のテーマは「士業はAIに代替されるのか!?」です。

 

 

最近AIのニュースを目にする人も多いのではないでしょうか?

将来AIに仕事が奪われるという悲観的なニュースが多いように思われます。

 

不動産鑑定士や税理士という資格も

AIに代替されていくだろうと言われています。

 

 

しかし、個人的には

そんなに悲観的になる必要はないと思っています。

 

マスコミが煽るからネガティブな事象のように思われますが

実は逆なのではないでしょうか。

 

「AIに仕事が奪われる」のではなく

「AIにはできないような仕事に注力することができる」

と考えればどうでしょうか。

 

 

私の場合、ルーティンワークが苦手です。

似たようなことの繰り返しは、飽きてしまうし

時間を無駄にしているような感覚になるからです。

 

しかし、その仕事をAIに任せれば

別の仕事をすることができ、生産性は格段に上がると期待しています。

 

 

また、AIには良くも悪くも感情の温かみがありません。

 

私たちがビジネスをするときは

同じ仕事を依頼するにしても

信頼できる人に依頼するのではないでしょうか。

 

それは、人間というものにクレジットが付加されているからです。

 

この信頼というものも人間独特のものがあり

AIが代替するのは難しいのではないかと考えています。

 

 

これから私たちが行うべきことはなにか

 

近年の日本は人手不足にもかかわらず

平均年収は上昇していません。

 

その理由は1つではないと思いますが

私が考えるのは

環境の変化に対応してないことが原因だということです。

 

 

通常、人が足りないのであれば

市場原理からすると平均年収は上がるような気がします。

 

しかし、そのようにならないのは

今も昔と同じことをして同じ対価を得ようとしているからだと思います。

 

 

IT化の波により環境が著しく変化しているにもかかわらず

今まで同じような非効率なことをしていては

年収が上がらないのも当然だと思います。

 

 

私を含め士業は

これまでの既得権益に依存するのではなく

 

これからの時代に合わせて

士業として提供する価値を変えていく必要があるのではないでしょうか。

 

それでは今日はここまで。

メルマガも発刊しています。

ぜひご登録ください。

 

関連記事

  1. 士業も結局ビジネスマン!?

  2. リフォーム業界で売上アップしている会社とは?

  3. 創業計画のポイントとは

  4. 事業承継

  5. 士業インタビュー 若き不動産鑑定士の声

  6. 売上アップしている社長の特徴とは?

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.07.8

    理念と役割