士業の一位づくり戦略

テーマ「あっという間に分かる一位づくり」

こんにちは、士業コラム担当の松本です。

 

経営について興味がある方であれば

ランチェスター戦略を聞いたことがあるのではないでしょうか。

「一位づくりといえばランチェスター戦略」

というぐらい有名な戦略ですが

平たく言えば

「一位を創りましょう」

と言えるかと思います。

 

中小企業が大企業に勝つためには

商品力を向上させて

人員を1つの商品・事業に集中させることが必要です。

 

では実際に大企業よりも商品力を高めるにはどうすれば良いのか?

そんな疑問が湧いてきますよね?

 

答えは

領域を限定して

その領域で1番になれば良い

です。

 

具体例を見てみましょう。

たとえば私の場合

不動産鑑定士と中小企業診断士なので、通常であれば

不動産鑑定、不動産コンサル、投資顧問業、事業再生、補助金申請、経営コンサル、資金調達・・・

などの業務を打ち出して勝負するでしょう。

 

しかしこれでは私の力が分散しますし

何が売りなのか分かりません。

 

そこで私の場合、中小企業の資金調達を前面に打ち出しています。

 

この領域では大手のコンサルや鑑定機関には負けないという商品力があり

狭い領域ですが、大手に勝つことができます。

 

式で考えてみると、下記のようになります。

大手の商品力    < 私の商品力

大手の担当者    = 私

大手のビジネス力< 私のビジネス力

 

「ランチェスターは経営の基本だ!」

と私のメンターは言っています。

 

皆さまもビジネスにおいてランチェスターを意識してみてはいかがでしょうか。

 

経営個別相談室

関連記事

  1. アントレプレナー起業 メリットとデメリット

  2. 士業インタビュー Vol.01

  3. 事業再生のやりがい

  4. 融資に失敗する人の5つのパターン

  5. 事業再生のジレンマ

  6. Doの前にBe

最近の記事 おすすめ記事