SEOとリスティング広告の違いとは? メリット・デメリットから使い分けまで解説!

こんにちは。ジャスティスの戸田です。

このコラムでは、
士業・コーチ・コンサルタントなどの
スモールビジネス事業をされてる方が
が知っておくべきWEB集客の基本情報
をお伝えしていきます。

WEBサイトは、作っただけでは集客効果は
ゼロなので、検索エンジン対策が必要です。

検索エンジン対策には、主に
「SEO」と「リスティング広告」
の2つがあります。

「SEOとリスティング広告、どちらが良いんだろう?」
と思われている方も多いかと思いますが、
それぞれメリット・デメリットがあります。

ですので、SEOとリスティング広告を
上手に使い分けることをお勧めします。

今回のコラムでは、SEOとリスティング広告
のメリット・デメリット、使い分け方について
解説させていただきます。

 

SEOの特徴、メリット・デメリット

SEOとは、簡単にいえば
検索順位を上げるための対策のことです。

検索順位は、Googleが決めたルールにそって、順位が決まっています。

ですので、そのルールに則ったサイトを用意
することで検索順位を上げることができます。

 

SEOの一番のメリットは、
無料で行うことができ、費用対効果が高い
という点です。

 

逆にSEOデメリットについては、
自力でやろうとすると手間と時間がかかる
ことです。

成果が出るまでの期間は、大体3ヶ月~半年で、
場合によっては1年以上かけても上位表示
できないこともあります。

また、SEOの性質上、
検索順位は検索エンジンのアルゴリズムに
よって変動するので、狙ったキーワードで
確実に100%上位表示できる保証もありません。

さらに、一位になったとしても、その順位を
維持するために対策し続ける必要があります。

検索順位は常に変動しているので、
対策を怠ると順位が下がってしまいます。

 

リスティング広告の特徴、メリット・デメリット

リスティング広告とは、
検索キーワードに応じて、検索結果の画面に
表示される広告のことを指します。

検索結果の画面の上部と、右側に広告表示の
スペースがあり、お金を払うと、ここに広告を
出すことができます。

リスティング広告は、クリックされるごとに
課金される仕組みになっています。

 

リスティング広告のメリットとしては、
最低出稿額が定められていないため、
何円からでも広告を出稿することができる
点が挙げられます。

基本的には、高い金額を払った方がより上の
方に、目立つところに広告が表示されます。

また、掲載期間も自分で決めることができます。

ですので、「1ヶ月あたり5万円は広告費に
する」というような設定もできるので、
予算オーバーをせずに済むのが特徴です。

審査を通過すれば、
すぐに広告が表示されるので、
SEOのように何ヶ月も待つ必要もありません。

また、SEOは基本的に複数のキーワードで
上位表示させることが難しいのに対して、

リスティング広告は様々なキーワードで
広告を出すことができるため、SEOより
幅広く対策できるのが特徴です。

 

では、逆にリスティング広告のデメリットは
何かというと、やはりお金がかかってしまう点
が挙げられます。

リスティング広告は、
たとえクリックされた後に申し込みが
なかったとしても、お金がかかります。

また、設定画面がとても複雑なので
初めてだと混乱してしまうケースが非常に多いです。

効果的な運用をするためには、
お金と時間をかけて勉強することが
必要不可欠になります。

 

SEOとリスティング広告の使い分け

SEOとリスティング広告の使い分けでお勧めなのが、
SEO対策を行う前に、リスティング広告で効果を確認する
というやり方です。

SEOは、上位表示されるまでに
時間がかかることがほとんどです。

場合によっては、一年以上頑張っても、
上位表示されない場合もあります。

上位表示されるまでに時間がかかる
ということは、効果が分かるまでに
時間がかかる、ということになります。

せっかくSEOで上位表示できたのに、
そのキーワードではほとんど反応が
なかったら、それまでの時間と労力が無駄
になってしまいますよね。

そこで、まずリスティング広告で
そのキーワードで出稿してみて、
反応があればSEO対策を施す
という使い方をお勧めします。

例えば、
「一人ビジネス WEB集客」
というキーワードで上位表示を狙っている
のであれば、

まずはリスティング広告で
「一人ビジネス WEB集客」のキーワードに
広告を出してみます。

リスティング広告はSEOより早く表示される
ので、広告を出せば、すぐにアクセスが集まり始めます。

そして、そのキーワードで反応があれば、
SEO対策を進めてもOKということになります。

逆に反応がないのであれば、
サイト(ランディングページ)の改善が必要か、
もしくはキーワードの見直しが必要か、
のように、改善策も分かるようになります。

いずれにしても、当てずっぽうでSEO対策を
始めるよりも費用対効果が高まりやすくなります。

 

いかがでしたでしょうか?

このコラムを読まれている方の中には、
リスティング広告は、お金がかかるという点で、
躊躇している方もいらっしゃると思います。

しかし、今回ご紹介した方法のように、
上手に使えば、あなたのお金と時間を
守るための有効な手段となります。

ぜひ実践していただければ幸いです。

メルマガも発行しています。
ぜひご登録くださいね^^

 

経営個別相談室

関連記事

  1. WEB集客に役立つアクセス解析ツール8選

  2. 紙媒体広告とWEB広告どちらが効果的?メリット・デメリットを徹底比較

  3. 一般的な「ホームページ」と集客に特化した「専門ページ」の違い

  4. 今すぐできるSEO内部対策7つのポイント

  5. 動画マーケティングのデメリット

  6. 失敗しないWEB制作会社の選び方:5つのポイント

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.07.8

    理念と役割