先生業のプロモーション

先生業は、講座をやるといいですよ、というお話を下記でお話しています。

 

『先生業が講座をやるといい3つの理由』

>> http://consulbusiness.co.jp/sensigyo-kouza-3reason/

 

実際に、講座をやっている方・チャレンジしている方が、弊社の周りにはたくさんいらっしゃいます。

 

講座を開催する際に、避けて通れないのが「プロモーション」。

 

弊社も、複数回講座を開催していますし、講座のプロデュースも数十件させていただいているので、プロモーションは何度もしていますが、うまくいくときもあればそうでないときもある。

 

難易度は高いですが、やれるようになると、講座に限らず使えて、事業の幅が広がります。

 

そのプロモーション、大別して2つのやり方があります。

 

それを知らないと

せっかく良いコンテンツを届けようと思っても、誰にも届かない

そんなことにもなりかねません。

 

先生業のプロモーション

先生にとってのプロモーションとは

先生業にとってのプロモーションは

広い意味での「プロモーション」ではなく、狭い意味での「セールスプロモーション」つまりは販促=直接的な販売の促進を目的としたものといえます。

認知を広めることが目的ではなく、直接バックエンド商品を売る(あるいはそれにつながるフロント商品を売る)ことが目的ですね。

 

高額講座の集客時にはもちろん、教材(DVDやオンライン)を販売する際や、大きなイベントを開催するときなんかにはよく使われます。

 

バックエンドを販売することが一番の目的ですが、もう一つ目的としていることがあります。

 

それが、「リスト取り」

 

先生業のプロモーションの場合、だいたいにおいてメールアドレスを登録してもらいます。

 

仮にバックエンドを購入いただけなくても、そのメールアドレスに対して継続的に情報を発信することで関係性を強化し、後の購買につなげることができます。

 

そのため、メールアドレスの取得もプロモーションの目的の一つとなっています。

 

これがオフラインの場合だと、FAX番号の取得と言いかえることもできますが、FAX番号は業者さんに頼めばいいものなので、やっぱりメールアドレスの収集が大切かなと思います。

 

そう考えると、先生業の方で高額講座や教材販売、イベント集客をやる場合は、メルマガをやることはとても大切だなと思います。

 

Web集客は一切しません!という方は別ですが・・・

 

先生のプロモーション 2類型
ローンチ型プロモーション
チームビルディング型プロモーション

 

それでは今日はここまで  

メルマガも発刊しています。 ぜひご登録ください^^  

 

経営個別相談室

関連記事

  1. 先生業のマーケティング Vol.01 〜お困りごとはなにか

  2. 続々 専門家起業あるある

  3. 投資

  4. 活躍する専門家の3つの共通点

  5. セルフイメージ

  6. 専門家の新規事業の立上げ方-5ステップ

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.07.8

    理念と役割