中小企業診断士の資格の活かし方 総論

はじめまして。
中小企業診断士の松本と申します。

記念すべきメルマガ第一回目は
中小企業診断士の資格の活かし方(総論)について話していきたいと思います。

 

中小企業診断士とは

中小企業診断士は

経営コンサルタント唯一の国家資格であり

「サラリーマンが取得したい資格ランキング1位」
になったことがあるような資格です。

 

しかし、中小企業診断士は、
弁護士や公認会計士のように独占業務がありません。

したがって、資格を取得しても
すぐにその資格で独立できるほど甘くありません。

 

中小企業診断士という資格の問題点

多くの中小企業診断士の有資格者は
企業に属する企業内診断士として活動をしています。

 

また、中小企業診断士の資格を登録すると
各都道府県の中小企業診断協会に入会し
研究会と呼ばれる勉強会に参加をする企業内診断士が多いように思われます。

 

ちなみに私は、中小企業診断協会には入会していません。

その理由はいたってシンプルです。

中小企業診断士になるために受験勉強をして
資格登録をした後もいつ発揮するか分からない勉強会に出席するような状態では
困っている人の役に立つことはないと感じたからです。

 

結局どのように活かせばよいのか?

まず、中小企業診断士に合格したからといって
一人では何もできないことを認めることが重要です。

いきなりお客さんを獲得するのは難しいですし
その実務的なノウハウもないでしょう。

そこで私は、士業が集まる勉強会に出席しました。

懇親会では、将来的にビジネスをしていきたいことや
今後も挑戦し続けていきたい意思を周囲の人に伝えていました。

その種まきのかいがあり公認会計士からオファーをいただき
事業DD(デューデリジェンス)をお手伝いさせて頂けることになりました。

案件の受注は公認会計士を通じて行われるので
私自身は中小企業診断士として事業DDに集中することができます。

 

中小企業診断士に登録したばかりなので
事業DDという言葉すら知りませんでしたが

せっかくチャンスを頂いたので
勇気を出して事業DDを引き受けることにしたのです。

 

それ以降、お客さんやオファーをくれた公認会計士のために
プロとしての結果を出すために

事業DDについて猛勉強しつつアウトプットをすることで
案件をこなしていきました。

勉強のための勉強を脱して
誰かのための勉強を通じて
結果的に自分も成長できる経験をすることができました。

 

結論

①人とのつながりを大切にする
②勇気を出して一歩を踏み出してみる
③チャンスをくれた人やお客さんのために全力を尽くす

 

今日はここまでです。
次回をお楽しみに。

 

メルマガも発刊しています。
ぜひご登録ください

↓ ↓ ご相談・ご質問はこちら ↓ ↓

経営個別相談室

関連記事

  1. 士業の棲み分け

  2. 売上アップしている社長の特徴とは?

  3. 士業の役割

  4. 士業は先生ではない!?

  5. 創業計画のポイントとは

  6. リフォーム業界で売上アップしている会社とは?

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.07.8

    理念と役割