実践

「先生業・専門家・起業家」の方々が

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか
・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

の考え方・方法、第8回目です。

 

今回は

「実践」

についてお話します。

 

いまだに多くの方が勘違いされているのが

「いいものだったら売れる」
「腕が良ければ売れる」

ということ。

 

・・・違いますからね〜。

その点について。

 

実践

「いいものだったら売れる」
「腕が良ければ売れる」

これが通用していた時代がありました。

いわゆる高度経済成長までは、これで行けたわけですが・・・
もうだいぶ過去になりましたね。

 

その後にやってきたのが

「マーケティングで売れる」

時代。

 

極論すれば
粗悪なものでも、売り方さえ良ければ売れる。

こんな時代が一時期ありました。

マーケティングがある種悪用された時期でもあります。

いまでも一部そういう方はいますが、だいぶ淘汰されましたね。

 

そしていまは

「いいものを作る」
「腕がある」

のは当たり前で

その腕をどう伝え、買っていただくか

これを考えないといけない時代です。

 

なので

営業も
品質向上も

両方やらないといけないわけです。

・・・大変ですね^^;

 

なので、両方をしっかりやる人が少ない。

イコール、チャンスです。

 

両方をちゃんと実践したら
徐々に選ばれるようになります。

一気に選ばれるようになりたければ
これまでお伝えしてきたことを言語化・準備し

他の誰より実践すればいいです。

とってもシンプルなことですね^^

・・・簡単ではないですが^^;

 

でも、本当にチャンスだと思います。

愚直に実践すれば
かならず結果が出る。

そういう時代です。

 

なら、やるかやらないか・・・

それだけではないでしょうか。

 

 

先生業・起業家・専門家などの方が

・どうすれば起業して事業を軌道に乗せられるのか
・その他大勢の中に埋もれずに、第一人者として活躍できるようになるのか

の考え方・方法をお伝えしてきました。

 

次回から

「成果を出しつつある起業家・先生業・専門家の方のつまづき、失敗の理由」

について何回かお伝えします。

 

お楽しみに^^

 

では今日はここまで。

メルマガも発刊しています。
ぜひご登録ください^^

 

↓ ↓ ご相談・ご質問はこちら ↓ ↓

経営個別相談室

関連記事

  1. 紺屋の白袴

  2. 理念

  3. 先生業のプロモーション

  4. 専門家の新規事業の立上げ方-5ステップ

  5. 専門家起業 メリット・デメリット

  6. 機械化

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.07.8

    理念と役割