データ保存に最適なオンラインストレージ6個をご紹介

こんにちは。ジャスティスの戸田です。

 

 

このコラムでは、

士業・講師・コーチ・コンサルタントなど、

主にコンサルティング型ビジネス

をされている方が知っておくべき

WEB関連の基本情報をお伝えしていきます。

 

 

前回のコラムで、データ保存の方法として

オンラインストレージをご紹介しましたが、

大事なデータのバックアップはすでに

終えていますか?

 

 

もし、まだできていないという方は、

これを機に今回ご紹介する

オンラインストレージの中から、

自分に合うものを選んで

データのバックアップをしておきましょう。

 

備えあれば憂いなし、です。

 

 

オンラインストレージは、

複数のパソコン間でのやり取りをスムーズに

したり、バックアップ用としても使えるので、

とても便利なサービスです。

 

 

しかし、サービスの数が多いため、

どれが一番いいのか比較しづらくなって

きているのも事実です。

 

 

そこで、今回のコラムでは、

6個のオンラインストレージの

機能や各種プランを比較してみました。

 

 

オンラインストレージを検討している

という方も、

今使っているものより使いやすいものが

あれば乗り換えたい

という方も、

ぜひ参考にしてください。

 

 

1.Dropbox

 

https://www.dropbox.com/

 

 

オンラインストレージの代表格と言えば、

前回の記事でもご紹介したDropboxです。

 

使い方はソフトをインストールするだけで、

その後は自動的にオンラインストレージに

データが保存(同期)されます。

 

特別な操作をしないでも勝手に保存して

くれるため、手間も一切かからず、

バックアップツールとしてもとても優秀です。

 

無料プランもあるので、これから初めて

オンラインストレージを使う方にお勧めです。

 

 

2.Googleドライブ

 

https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/

 

 

無料でも15GBという、比較的大きめの容量を

使うことができます。

 

グーグルアカウントがあればすぐに使い始め

られるので、GメールやGoogleカレンダー、

Googleアナリティクスなどをお使いの方は、

新たな登録の手間なくスタートできるのも

嬉しいところです。

 

 

3.Yahoo!ボックス

 

http://info.box.yahoo.co.jp/

 

 

ヤフーが提供しているオンラインストレージ

です。

Yahoo!JAPAN IDがあればすぐに使えるので、

Yahoo!メールなどをお使いであれば、無料で

すぐに5GBの容量を使うことができます。

 

ヤフーオークションなどを利用していて、

Yahoo!プレミアム会員になっている方で

あれば、無料で50GB使えます。

 

 

4.Amazon Cloud Drive

 

http://www.amazon.co.jp/gp/feature.html?docId=3077664656

 

 

Amazonが運営しているオンラインストレージです。

「Amazon MP3(アマゾンの音楽配信

サービス)」で購入した音楽が自動保存され、

かつ容量を使わずに保存できます。

 

 

5.iCloud Drive

 

https://www.apple.com/jp/ios/whats-new/icloud-drive/

 

 

Appleが運営するオンラインストレージです。

Macのみならず、Windowsからでも使えます。

 

 

6.One Drive

 

https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

 

 

マイクロソフトが運営しているオンラインストレージです。

Microsoft Officeをインストールしていない

PCからも、WordやExcel、PowerPointを

オンラインで作成・編集できるのが特徴です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

オンラインストレージは、

各サービスごとに特徴や機能が違うため、

一概に金額だけで比較するのが難しいものです。

 

 

無料で使えるものも多いので、

気になるものはまず使ってみて、

使いやすいサービスを見極めた上で、

有料プランにバージョンアップしていく、

という流れがいいでしょう。

 

 

今回の記事を参考に、

ぜひ、あなたに合うオンラインストレージを

見つけてみてください。

 

 

メルマガも発行しています。

ぜひご登録くださいね^^

 

 

関連記事

  1. ライバルサイトを分析する際に押さえておくべき3つのチェックポイント

  2. アクセス数をアップさせる3つの施策とその使い分け

  3. 反応が取れるヘッドラインを作るための3つのルールとテンプレート10選

  4. 文章作成で悩まれている方必見!HPのコンテンツ作成を効率化する方法

  5. 動画マーケティングのデメリット

  6. 【初心者向け】売れるランディングページに必要な14の要素(1)

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.07.8

    理念と役割